国内・外国特許出願・申請と商標登録の東京都新宿の国際特許事務所、電気・電子・光学・ソフトウェアに強い弁理士

特許を取れるかどうかのサーチ費用は5.4万円

特許を取れるかどうかのサーチ費用は5.4万円(特許出願前調査)

特許出願を依頼される際に、これって特許になるのですか?
ということを問われることが多いです。

先に誰かが出願したか、先に誰かが公開したか、
という事実がなければ、ほとんどの場合は特許となります。
しかしながら、多くの場合は先の出願があります。

当所では、この特許性があるかどうかのサーチ及び判定を、
5.4万円で承っております。

特許出願前調査のサーチのレベルについて

まずは自前で調べることをお勧めすることから、
特許庁サイトの一番簡単な操作方法を説明しています。

→ 特許調査と検索の簡単な方法

分かりやすさ優先でできるだけ簡略した内容ですが、
ネットで検索しただけ、というような非常に粗い調べ方
と比較するとかなりのものが引っ掛かります。

この方法だけで見つからなかったとしても、
サーチ範囲としては十分ではありません。
自前で調べて見つからなかった、と思えた場合に、
上述のサーチ依頼をいただく、ということになります。

もっとも当所で行う出願前調査でも100%万全、
というところまでは行いません。
特許文献をくまなく探しまわるというのは
非常に重労働であり、費用の請求額も増大します。
その点の兼ね合いから、この程度サーチすれば一応大丈夫、
とはいえるだろう、という範囲までサーチします。

特許調査費用が幅広く設定されている理由

いわゆる特許調査専門の方は、これより長い時間をかけて、
また数十万という費用で、特許調査の依頼を受けています。
これは、特許無効調査というもので、審査で漏れてしまった
ようなところまで細かく文献調査をすることにより、
相手方の特許を無効化するために行うものです。

いわゆる出願前調査ではここまで厳密には行いません。
まずは特許出願して、審査段階で権利範囲を限定していけば
どこかしら特許になるだろうとの推測が働くからです。
とともに、無効調査のレベルまでサーチするとなると、
特許取得費用を上回るほどのコストがかかり、
費用倒れとなってしまいます。

当所ではこのレベルまでのサーチは行いません。
同業者が普通にサーチすれば当然見つかるだろう、
という範囲まで行います。そこと差別化できていれば、
何らかの形で特許にはなるだろう、と考えているからです。

原則として特許調査を行って特許出願します

当所では、原則として上述の特許調査を行った上で
特許出願書類を作成いたします。
依頼人側である程度のサーチを行った場合には
調査を伴わずに特許出願処理に移行しますが、
過去に出願実績のないお客様の場合には、
特許性のない状態でご依頼をいただくことが
非常に多いです。先行技術調査をして、
先行技術との比較対象の上で取得すべき特許の
具体像を絞り込む、という過程が必要となります。

特許出願の際には以上のようにまずはサーチから
入ります点につき、ご了承いただきたいと存じます。

powered by HAIK 7.0.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional